今月のポイントMonthlyメール2008年3月号

透析医療機関経営者に役立つ今月のポイントMonthlyメール-2008年3月号のバックナンバーです。

透析マネジメント / 病院管理者のためのメルマガ / 2008年3月号

今月のポイントMonthlyメール2008年3月号

┃意識するか、しないかで天と地の差を生む!    2008年3月号
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃      今月のポイントMonthlyメール   
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
                      医療経営戦略研究所

◆
 行動こそ全て!!
 
<解説>
私は全国で講演やセミナーをよくさせて頂いているのですが、
その後の懇親会では参加者の方達とお話する機会に恵まれます。
この懇親会場では参加者の方達からたくさんの質問を受けるのですが、
毎回そこで同じような質問が来ることに気が付きました。

参加者の方からの質問の内容を要約すると、次のようになります。
「講演の内容を頭では理解できたとしても、
実際に行動を起こそうとするとフリーズしてしまう、
実際に行動に移すことが出来ない」というものです。 あなたはいかがでしょうか? 私は講演でよく社名の通り、‘戦略’の話をさせて頂いています。 そして、参加して頂く皆さんも戦略や方針の話には 本当に真剣に耳を傾けてくれています。 しかし、講演の後にみなさんのお話を聞いてみると、 この理解したことを行動に移すということが難しい、 ということになってしまうのです。 ○------------------------------------------------------  行動する人はごくごく1%にすぎません ○------------------------------------------------------ なぜ行動に移すことが難しいのか。 これにはいくつかの原因があると思います。 セミナーでも講演でも、私が常に言い続けていることは 行動こそが全てであるということ、この一点に尽きます。 講演会で話を聞いた参加者は一時的にやる気になって、 「よし、明日から頑張って行動しよう!」「実践するぞ!」と 皆このようにコメントして会場から帰って行きます。 しかし、あなた自身は聞いたこと、感じたことを 現場で実際に行動に移したでしょうか? いや、批判しているのではありません。 これまで私は様々な経営戦略のアイデアを皆さんに伝えてきました。 例えば ● システムを徹底的に見直す ● 組織改革に着手する ● モチベーションをマネジメントする ● LTVマネジメント ● リーダーシップを発揮する ● 差別化をマネジメントする 等々、これらをどれだけの人が着手したでしょうか? 一般的にセミナーに参加して行動する人というのは全体の1%と言われています。 あなただけではなく、多くの人は行動に移すことが苦手ということなのです。 ○------------------------------------------------------  チャンスに気づいていますか? ○------------------------------------------------------ これまでの文面で何かざわざわと動き始めていませんか? 今回のメールが何かのきっかけとなってあなたが行動を起こせば、 これまでとは違う何らかの新しい結果を得られることに気付くでしょう。 つまり、あなたがこれまでの結果とは違う結果を 手に入れたければどうすれば良いのか? もうお判りですね。 それは、これまでと違う新たな行動をあなた自身がスタートさせることなのです。 今を変える為にはあなた自身が動かなければならないのです。 良い方に変えたければ、それ相応に良い行動を起こさなければならないのです。 さぁ、今までと違う結果を得るためにここからスタートです!! あなたがこれまでと違う行動をしなければ、 当然これまでと同じ結果でしかあり得ないのです。 改めて言います。 理解したことを言い放つだけでは問題の解決にはつながりません。 厳しいかな、理解したことを実行しなければ始まらないのです。 難しく聞こえますが、非常にシンプルな法則だと思いませんか?                           ⇒次号へ続く

Copyright(C) 2008 Institute of Healthcare Management Strategy,Inc 

今月のポイントMonthlyメールに登録する

透析医療機関のTOP5%を目指す戦略研クラブ
スタッフ募集
ビデオDVDの販売
透析医療機関の経営に役立つセミナーのご案内
講演依頼
送信フォーム
医療経営戦略研究所
戦略研クラブ
透析患者.com
透析スタッフ.com