今月のポイントMonthlyメール

透析医療機関経営者に役立つ今月のポイントMonthlyメール

透析マネジメント / 病院管理者のためのメルマガ / 2008年5月号

今月のポイントMonthlyメール2008年5月号

┃意識するか、しないかで天と地の差を生む!    2008年5月号
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
┃      今月のポイントMonthlyメール   
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
                      医療経営戦略研究所

◆
 行動こそ全て!!【3】
 
<解説>
○------------------------------------------------------
 目の前の成功に背を向けるな!
○------------------------------------------------------

この「面倒くさい」というのは、実は多くの人は怠け心で言っている訳ではないのです。
その深層心理を注意深く探って行くと、実はそれはプライドだったりするのです。
失敗することの恐れから、「面倒くさい」という感情や言動へのすり替えが起こって
いるにすぎません。

プライドの高い経営者は、「もし失敗したらどうしよう」という気持ちが全てに優先してしまいます。
「失敗したら従業員から何ていわれるだろう?」
「失敗したら、親戚や家族からどれほどの批判を浴びるだろう?」
「失敗したら同僚や先輩に何と言われるだろう?」
「失敗したら・・・?」の気持ちに負けないでください。
親戚や家族からも「だから言ったじゃないか」「そんな無謀なことはやめるべきだ」
こんなことを言われるのは我慢ならないのです。

そうすると悪魔が耳元でこう囁きます。
「これまでで充分じゃないか?どこに不満があるんだ、苦労することはないよ!
もっと楽しいことをやろう。これまで充分努力してきたじゃないか、
医局でも苦労してきた、嫌な上司に仕えもした、そろそろ楽になろうよ」
そしてこの言葉があなたの行動を鈍くしてしまいます。

プライドが高いということは裏を返せば傷つくのが怖い、
ということとほぼ同じ場合が多いのです。

「失敗して他の人から指摘されるのが嫌だ!人から揶揄さされるのが耐えられない!」
このような人が多いと思います。

でもちょっと考えてみてください。
それは、本当にあなたの人生を生きていることになるのでしょうか?

あなたの身の回りにいる人たちは変化を嫌います。仲間たちも同じです。
成功しようと伸びをしている人の足を引っ張るのです。
そんな経験ありませんか? 他人とはこんなものです。

つまり、あなたはあなたの幸せを追求すれば良いのです。
誰の人生でもない、あなたの人生なのですから。
失敗も成功も行動してみないことには判りません。
行動する前から他人の目を気にする必要など全くないのです。

努力の過程では散々足を引っ張りながらも、
ひとたび成功するとそういう人に限って態度がコロッと変わるものです。

つまり、能力の問題でもなんでもなく、自分で心のブレーキを踏んでいるだけなのです。
心のブレーキを外せば良いのです。これが理屈です。

しかし、ここまで突き詰めて考えたとしても、未だ足が重いでしょうか。

○------------------------------------------------------
 一度や二度の失敗で諦めない
○------------------------------------------------------

何故でしょう?

それは失敗しても大丈夫ということが理解できていないからです。
失敗は諦めなければ失敗ではありません。
失敗を成功に転換する鍵があります。

聞きたいですか?
こんなことは経営学の世界では誰も教えてくれません。その鍵は忍耐です。

一度失敗しても諦めない。二度失敗しても諦めない。
歴史上の偉人は常に生涯を不屈の精神と忍耐で乗り越えたのです。

それは、企業経営にとっても全く同じ法則が当てはまります。
歴史が証明していますが不思議なことに失敗無くして
大きな成功というのはあり得ないのです。

米国の統計ですが、成功した経営者は平均3回過去に
会社を倒産させた経験を持っているそうです。

失敗の数が多ければ多いほど、また失敗の傷が深ければ深いほど、
大きな成功が待っているのです。

あなたが良く知っているエジソンは白熱電球を成功させるまでに
10000回の失敗を繰り返しました。
ヘンリーフォードはV8エンジンの開発が失敗続きで何年もかかり成功させました。
不思議なことですが、論理的に説明することが出来ませんが
失敗を重ねた人の方が成功の確率が極端に高くなります。
ここまで話をしても、未だ行動に移すことはできませんか?

私自身も経営者ですからこの辺りのことは良く解っています。
しかし、プライドを捨てて勇気を出しなさいと言ったところで、誰も動くことが出来ません。
そう、行動するかしないかを決めるのは結局あなただからです。

Copyright(C) 2008 Institute of Healthcare Management Strategy,Inc 

今月のポイントMonthlyメールに登録する

透析医療機関のTOP5%を目指す戦略研クラブ
スタッフ募集
ビデオDVDの販売
透析医療機関の経営に役立つセミナーのご案内
講演依頼
送信フォーム
医療経営戦略研究所
戦略研クラブ
透析患者.com
透析スタッフ.com